すべての視界を画面上に
Cubic VRは、3Dイメージとインタラクティブなコンポーネントを使って、写真イメージの平面的な2Dの世界を視界360度の仮想現実にかえることができます。Cubic VRを利用すれば、自分がまるでその場にいて周りを見渡しているような感覚が味わえます。WEBページに利用すれば、文章や静止画では比較にならない程の視覚的なコンテンツを作成することが可能になります。

スムーズな視界
Cubic VRは水平方向だけではなく、垂直方向に180度回転することができます。これで全視界をパソコン上で表現することが可能となりました。QuickTime Playerさえあれば、Cubic VRの仮想空間を体験できるのです。

▲文字を記載すれば、さらに分かりやすい案内図が完成
Cubic VRはどんなところで活躍するでしょうか?あなたの視界はすべてWEBページでみせることが可能ですから、オフィスや店内の様子などを見てもらうのに最適です。また、交差点のCubic VRをいくつか作成し、お店までの道案内をするといったことも。もともとは画像データなのでお好きな文字を入れたり加工することも可能です。写真だけでは物足りないといった不満を抱いている方には、まさに朗報です。

Cubic VRとWEB
Cubic VRは信じられないかもしれませんが、たった2枚の写真で完成してしまいます。そのため非常に滑らかに視界を移動させることができます。また、ファイルサイズも少なくて済み、まさにWEBページに最適です。

Cubic VRがどのようなものかを確かめるには、QuickTimeギャラリーをご覧ください。その他にも、QuickTime VRなどのサンプルもご覧になれます。
※QuickTime VRおよびCubic VRをご覧になるには、QuickTime Playerがインストールされている必要があります。

制作費用一覧
お問い合わせ・お見積もり