データベースを利用したWEBページ
データベースの必要性はインターネット人口の増加とともにますます高まり、データベースを利用したWEBサイトはいたるところで目にします。ではなぜデータベースなのでしょうか。一番の大きな要因は、PostgreSQLMySQLといったサーバスクリプト言語との親和性の高いデータベースが無償で提供されていることです。数年前までは、データベースは非常に高価で、個人のサイトで使用するには様々な面で困難でした。それが今では商用サイトでも十分に対応できる程の能力と信頼性を備えたデータベースが誰でも利用できるということもあって、Web-DBサイトは増加の一途をたどっています。さらにデータベースには、データの検索や更新速度が速い、多くのセッションに耐えられる、障害に強いなどといった多くの利点があります。特に検索や更新はデータベースの得意な部分でもあり、ポータルサイトなどでは必ずと言ってよいほどデータベースが使われています。

▲DBサーバを分離させれば不正アクセスや物理的障害の影響を受けにくい
データベースからの検索結果を受け取ったり、データを更新したりするサーバスクリプト言語としてPHPが有名です。PHPも無償で提供されています。つまりデータベースを利用したWEBページはすべて無償で作成できるということです。

CGIとPHP
CGIはPerlなどの言語で書かれたプログラムであり、WEBページ生成などの処理とは別の処理が必要です。別な処理が必要になった分、WEBサーバに負荷がかかります。一方、PHPなどのサーバスクリプト言語は、WEBページ生成処理と一緒にその動作をこなしてしまうので、CGIと比較して処理速度が高速で、サーバの負荷を軽減してくれます。またPHPにはライブラリが充実しており、様々な処理に特化した良質のソースコードが配布されているので、それらを利用したりほんの少し変更を加えるだけで信頼のおけるコードが完成します。

運用環境
小規模のWeb-DBサイトであれば、1台の中堅パソコンがあれば24時間365日の連続運用も可能です。Webサーバシステムの例は次のようになります。

OS - MacOSX Server
MacOSX ServerにはWeb-DBサイトを構築する際に必要な環境が既に整っています。WebサーバにApache、サーバスクリプト言語にPHPが最適化されています。OSのインストールからわずか10分たらずで、世界に情報を発信できるようになります。

DB - PostgreSQL
DBにはPostgreSQLを使用します。商用データベースと比較してもわずかな機能で劣っている以外、検索・更新も高速で、24時間365日の連続稼働が可能、データのバックアップも稼働中のまま行うことができます。

Web-DBサイトの制作についてはお気軽にお問い合わせください。またサーバのレンタルも可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

制作費用一覧
お問い合わせ・お見積もり